食べる青汁コーワの黒糖抹茶青汁寒天ジュレで便秘予防 肌トラブル解消

美容健康を求めるのなら「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」で肌トラブル便秘も解消したい よく眠れない。 お腹まわりが気になる。 肌がガサガサ。 毎日元気が出ない。 体が冷えてしょうがない。 困りましたね。 どうしたらいいでしょうか。 なにかいい解決方法をと、あちこち探し求めている方も多いのではないでしょうか。 ここでは、そんな方々のために役立ちそうな商品をご紹介します。 「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」という商品です。 でも、青汁と聞いて、なんだか抵抗感を持つ方もいるかもしれません。 最近は、青汁特有の青臭さや苦みを適度に抑えた商品も発売されてはいますが、 それでも、やはり飲みにくいのでは、 とお思いの方もいらっしゃると思います。 この商品はちょっと違います。 抹茶タイプのゼリー状になっているんです。 味もまろやかで甘く仕上がっています。 ですから、気軽においしく食べていただけます。 なにしろおいしくなければ、長続きしません。 このタイプなら、だれでもいつでもどこでも食することができます。 そして、もちろん、味がいいだけではありません。 内容も他を抜きんでるものがあります。 さっそく成分を見てみましょう。 まず、クマイザサ。 古くから漢方でも用いられてきたクマイザサは、 さまざまな健康効果があることでも知られています。 どんな栄養素が入っているのでしょうか。 食物繊維。 これが実に豊富です。 食物繊維は、 腸の健康にはなくてはならない成分。 クマイザサは、他の野菜をはるかに上回る 食物繊維が含まれています。 そのほか、カロテンやビタミンE、カルシウム、 マグネシウム、鉄分などもきわめて多く含んでいます。 ちなみに、カルシウムはマグネシウムと バランスよく摂ることによって、効果を発揮します。 クマイザサ以外の成分も見ていきましょう。 植物発酵エキスが、何と40種類も入っています。 主なものを挙げると、明日葉、アスパラガス、 アルファルファ、インゲン、カボチャ、 キャベツ、キュウリなど多数に及びます。 発酵に3ヶ月、熟成に3ヶ月と時間をたっぷりかけています。 それを20倍に凝縮。栄養満点です。 さらに、腸の状態をよくするために、乳酸菌も配合。 「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」に使われているのは、 お米由来の「ラクトバチルス カゼイ」という乳酸菌です。 それから、イソマルオリゴ糖を使い、 善玉菌の活性化のお手伝いをします。 イソマルオリゴ糖は、腸にいいだけではなく、 味もまろやかで、心地いい甘みがします。 もちろん、商品の名称に書かれている寒天も中に含まれています。 寒天も水溶性食物繊維が豊富で、 腸内の環境改善に大きな力を発揮します。 […]